top of page

je prends ça は、次の一歩を踏み出します。

​お菓子がとけこむ、何気ない暮らしを実現するため。

「お菓子がとけこむ、何気ない暮らしを」をミッションにかかげる je prends ca は、2022年、これまで7年間の活動を糧に、ロゴをはじめとするパッケージや店舗ディスプレイ、そして私たちの根本にある「je prends ca が目指す世界」までのリブランディングを行いました。

​金沢を代表とするお菓子のセレクトショップメディアとして、「お菓子がとけこむ、何気ない暮らしを」実現するために。

SCROLL

New Mission & Vision
フランスでは日常的な風景を、
お菓子がとけこむ、何気ない暮らしを

je prends ca の由来にもある「これください。」はフランス語です。菓子文化がとけこんだ象徴のひとつでもあるフランス・パリでは、小さい子供たちの何気ない暮らしにもお菓子がとけこんでいるからこそ表現される言葉だと私たちは考えています。

 

仕事帰りに、家族に、友達に、自分に、プレゼントに。 誰もが地域のお菓子に誇りを持ち、「これください。」の言葉をキッカケに、様々な暮らしのシーンにお菓子とけこんでいくような、そんな未来を目指しています。

Background
菓子文化の豊かな金沢

北陸には脈々とつづく和菓子・洋菓子文化があり、特に金沢は現在でも菓子消費量が全国的にみても高い水準を誇ります。ハイクオリティであることに加えて店舗数も多く、金沢市民には菓子文化を愛する豊かな土壌があり、金沢を出身とするパティシエや職人も多く輩出しています。

 

その中で菓子店を中心に100年以上原材料卸業能崎物産(株)として培ってきたジュプランサの蓄積は、「なぜ美味しいのか?」を問いながら、小売だけではないお客様との接点を創造する、開発事業・小売事業・メディア事業を軸としたブランドです。

Value

​卸業として培ったチカラを想像力へ

ジュプランサは北陸の菓子文化を共に歩んできた原材料卸業を営んできました。 だからこそ菓子文化を発信し支えていくことが出来る立場であり、それがジュプランサの価値でもあり、強みです。 オリジナル商品によるユーザーへのメッセージ、実店舗で世界観の発信、原材料卸業としてのデータ蓄積、店舗との繋がり、豊富なタッチポイントで事業を進めていきます。

ジュプランサはチョコレートを筆頭にお菓子を愛する能崎氏によって創られ、原材料卸業を背景とした、開発事業・小売事業・メディア事業を行うメディアブランドです。 すべては、ジュプランサのミッションである、 「お菓子がとけこむ、何気ない暮らしを」を実現させるための器です。

​能崎物産株式会社として100年以上金沢の菓子屋を支えてきた卸業で培ったつながり。お菓子を通した暮らしの提案をするブランド"je prends ca" の一方、チョコレート消費量が全国一位の金沢市という地域性を深掘りするために「#CTK(Chocolate Town Kanazawa)」として独自の菓子づくり、地域クリエイターとのコラボ商品、ドラマ「鈍色ショコラヴィレ」を発信しています。

Business Model

Shop infomation

je prends ça 金沢駅あんと店

JR金沢駅お土産処 あんと内の店舗、焼き菓子を中心にセレクトされたスイーツショップです。
おひとつからでも、お箱でもご用意しておりますので、自分用に、おもたせに。ぜひお好きなお菓子を見つけてみてください。

住所|石川県金沢市木ノ新保町1-1-1 JR金沢駅百番街あんと
お問合せ|Instagram @jeprendsca.anto
営業時間|8:30-20:00
定休日|百番街あんとに準ずる

je prends ça 笠市町本店(Mélanger)

金沢駅徒歩8分 笠市町本店は現在休業中です。

​季節のイベントごとに、北陸のケーキを揃えたフェスティバルを定期開催しております。

デザイナーやアパレルなど、ローカルプレイヤーが集うキッカケとなっている、Mélanger (メランジェ)も笠市町本店で開催しています。詳細は公式Instagramをご確認ください。

住所|石川県金沢市笠市町2−32
お問合せ|Instagram @jeprendsca
営業時間|ただいま不定休 イベント時にオープン